流行に乗ってみる

ポケモンGOが日本でも配信されましたね。
その騒動たるやしばらくTVでは、良いニュースも悪いニュースも取り上げられていました。

どちらにしても、それだけ強烈に影響がでているということをふまえ、関連株に動きがみられています。

ゲーム会社・通信会社はもちろん、俗にいう「ポケモン相場」を狙ってみるという手もありますね。
ただし、NISAの長期間保有するというルールを忘れずに、急落の懸念がある銘柄には注意しましょう。

VR(仮想現実)の新しい販路を築いたのは紛れもない事実。
今後、他のゲーム企業でもVRに着目した展開をすでに発表しています。
まさに成長株として十分注目できると思います。