職域NISAとは?

先日名古屋銀行が「職場積立NISA」を開始することを発表しました。
職場積立NISAって何かご存知でしょうか?
今回は職域NISAとも呼ばれているこの職場積立NISAについてお話していこうと思います。

職域NISAとは、金融機関が取引先の職場単位でNISAの口座を獲得し
銀行なら給与天引き、証券会社なら口座の自動振替という形で積立投資を行う営業形態となっています。

NISAは個人でやるよりもこの職域NISAなどを使った方が資産獲得の効率は良いため、金融機関が取引先企業に働きかけるようになってきました。
いままでは金融期間は個人に働きかけBtoCがNISAでしたが、
近頃では自社のNISAを従業員に対する福利厚生のひとつとして採用させるBtoBの形になっているのです。
そして、その先にいる個々の顧客(C)を獲得しようとする、「BBC営業」というものが始まっているのです!

近頃は個人の投資額が低く微々たるものとなっているため
このような手法を編み出していかなければどこもやっていけないんですね。
周りもみんなやっているから、ではなく
本当に自分に利益があるのか考えながら行動することが必要となってきます。