信託報酬が最も低い水準に

こんにちは。
突然ですが、インデックス型投信の信託報酬が下がっているそうです!

信託報酬は投資家が投信の保有中に払う手数料のことで、
長期投資では投信選びの重要要素になります。

格付け投資情報センターによると、2015年に運用会社が新しく設定した
インデックス型投信の信託報酬の平均は約0.3パーセントで、
これまでで最も低い水準になったそうです。

投信の低コスト化の先がけとなったのは、三井住友アセットマネジメントで、
昨年の9月に確定拠出年金専用投信4本の一般発売を始めました。

11月にはニッセイが既存のインデックス型投信を値下げ。
年末にはDIAMが「業界最低水準の信託報酬」を売りに新ブランドを立ち上げました

続々と値下げがはじまっているんですね!
最近は、ネット証券を中心に購入時に手数料が発生しない投信が増えてきていて
若年層の長期投資が促されるだろうという見方もあるみたいです!