ジュニアNISAのメリットとデメリットについての話

こんにちは!
今回は予告通り、前回紹介したジュニアNISAのメリットとデメリットについてお話します。

まずはメリットから。

ジュニアNISAのメリットその1、
◯非課税で運用できる
これはジュニアNISAの最大のメリットと言われていますね。
投資をするときの一番のネックは税コストがかかることだと思います。
それがゼロになるのでかなりお得ですよね。

メリットその2、
◯相続税の節税対策になる
ジュニアNISAを、祖父母が将来の相続税の節税対策と
して活用するようになるのではないかと考えられています。

毎年80万円ずつ非課税枠を利用して、シニア層の節税対策として
活用できるというメリットです。

次にデメリットは、

◯口座からの引き出し制限があること
ジュニアNISAの最大のデメリットは、18歳までお金を引き出せないことです。
もしも引き出そうとすると課税されてしまうのです。

子供にとっては家族にお金を使われずにすみますからいい制度かもしれないですね~(笑)
でもネコババちゃうような親にとっては不都合なのかな?

◯非課税機関に制限があること
なんと期限があります~
ジュニアNISAの非課税期間は、2023年12月末までです。
さっき言ったように18歳までお金を引き出すことができないので
ジュニアNISAに入る年によっては資金を引き出せなくなるかも?
この点については期間の延長も検討されているようですが、現時点では
明確になっていないようなので注意が必要ですね。

今回はジュニアNISAのメリット・デメリットについてお話しましたが
なんだかどっこいどっこいですね!
制度自体が複雑で不明確なところもあるようなので各家庭で
よく話し合ってから利用するか決めてくださいね!