NISA最大のデメリットとは?

さて、前回は「NISA」ってなんぞ?ということを説明しましたね。

今回は、NISAのデメリットについてお話しようと思います。
NISAのデメリットとは・・・

損益通算が出来ない事!

損益通算ってなんだ・・・・?
ってなると思います。

損益通算jというのは、複数口座で「利益」と「損失」がある場合、全ての口座で合算して利益と損失の合計を出してくれる仕組み、とでも言いましょうか。

例として、
A口座 40万円の利益
B口座 20万円の損失

40万-20万円=20万円の利益

なので、普通の口座なら、20万円✕20%=4万円という税金のかかり方です。

しかし、NISAの口座なら
普通口座  40万円の利益
NISA口座 10万円の損失

税金は、40万円✕20%=8万円かかります。

損益通算ができないってこういうことなんですねー。
NISA口座だけでやっていれば問題ないのかもしれませんが。
大問題ですよね。。。

これを知らないでNISA口座を始めて、計算と違う!なんてことになる人もいるみたいです。

額が大きれば大きいほど税金もあがりますからね。
これから株をするという人は心に留めておいてください・・・・。